読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶樹の浅海人奇譚

to be or not to be anywhere to be that i will be … to be going to go on with the tortoise 'Saku' and my sincere companion , If justice is human love …

選挙を通して改めて思うこと


あいかわらず盛り上がらなかった参議院選挙。

18歳選挙のスタートでもありました。

たくさん思うことがあったのですが、これまでの信条を改めて再構築し、修正すべきこともありました。

小生は人生の後半ぐらいから、保守本流であろうとし、そのための掘り下げをしてまいりました。

いわゆる右であり、保守論客の解説に多く触れて思想も馴染んでおりました。

若者のために、うるさい街宣車でまわるような右翼ではありません。

今回の選挙の一面として、憲法改正、いわゆる護憲派改憲派も争点とされました。

民進党も中身は改憲勢力ですが、野党共闘で共産党と辻褄合わせしただけですからね。

小生は改憲派です。

世の中に戦争を目的として戦争したいひとなどどこにいるのでしょうか?

世界情勢が一刻一刻と入ってくる此のご時世にあって俯瞰的に洞察できる時代、少なくとも秀吉が朝鮮出兵したような暴挙な時代ではないわけです。

戦後70年、戦後間もない頃にわからなかったことが現在になってわかることも多いわけです。

アメリカ国立公文書記録管理局に保管された戦時中の最高機密情報が50年以上という月日を経過して時効となり公開されています。

その内容に触れ、学徒出陣の多くの手記を読んだ記憶も蘇り、家族のためと散っていった御霊に言葉にならない感謝の気持ちがこみ上げてきます。

敢えて、お国のためというより父母や妻や子供のためにと書きたい。

一方的な日本国の侵略戦争と思っているひとがいたら、歴史認識を最新の史実で見直してほしいと思うわけです。

機密文書にも謀られた戦争なわけです。もちろん、それまでの経緯として異常で危険な高揚感があったのは事実です。

現在の公民の教科書の中にはGHQでなく自主制定した日本国憲法ともあるわけです。

憲法制定時の様子などは、白洲次郎などの伝記で理解できます。

一方で当時の政府には日本国憲法のようなユートピア憲法は書くことはできないのも事実でした。

与えてくれた平和憲法と言って誇りにしている方には、作ったGHQそしてマッカーサー朝鮮戦争に日本を戦力として機能させようとしていた事実も知りません。

若者にはそんなことはどうでも良いのかもしれませんね。

ただ、過ぎ去った過去について真摯な若者達こそ日本人のプライドに傷と肩身の狭い思いをしないといけないのかと思う、つまり負の遺産で政治離れの一因になるのは避けてもらいたい。

この来るであろう憲法改正、小生は国民みんなが歴史認識を見直し、日本人がプライドを取り戻す機会がいよいよくると興奮します。

そのような国民的イベントとして好戦的な自主憲法の制定というような深刻な受け取り方をしていません。

また、現在の若者達が歩むまでに至る戦後七十年のなかで培われた新たしい日本文化を尊重することが足りないのではないかと小生自身思ったのです。

負の遺産をそのまま負の遺産とするのではなく、したたかに活用して生きて行くことのほうがどれだけ大切かと思いました。

インテリな老齢な大人ほど、現在の若者文化を軟弱だとかとバカにします。

恥ずかしながら平和ボケの小生も若者を平和ボケとかと杞憂しておりました。

非寛容な時代といわれますが、生きている時代に責任をもつということは時世にたおやかに寄り添って生きることなのだなって。

18歳選挙開始ということで今回の選挙での若者の発言なんかに聞いていると、自分の同年代の頃に比較してずいぶんしっかりしていると感じました。

わかりやすいイメージだと、田原総一郎さんと津田大介さんの関係みたいなのが理想に思えてます。

今の日本は、まさにクールジャパンです。



これを学徒出陣してC級戦犯で尊い命を捧げた木村久夫さんに捧げます。

最後にひとつ、

 あるミュージシャンが立候補して選挙演説しているのを聞きましたが。あまりにも思慮や歴史認識の浅い、偏向すぎる思想に固まった危うさを感じ、それに扇動される若者達が少なからずいることに心配します。

 アインシュタインにはその科学にしか影響されない。
 モーツァルトにはその音楽にしか影響されない。
 ピカソにはその美術にしか影響されない。

 ジョンレノンが平和を求めて行動したものが世の中の平和を希求するために何をしないといけないのかの源泉であっても、実現するための方法、まして政治ではないのです。

 政治には政治のプロが必要なのです。

 日本にも素晴らしい政治家の先生がたくさんいます。マスコミはダメ政治家を取り上げるて露出することが多いです。

 


サク