読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶樹の浅海人奇譚

to be or not to be anywhere to be that i will be … to be going to go on with the tortoise 'Saku' and my sincere companion , If justice is human love …

夏への扉


本日、読了する。



夏への扉 新訳版 ロバート・A・ハインライン 小尾芙佐 訳 早川書房

SF古典の名作らしい。2009年に新訳版として発刊されたが、原作は1956年となる。

アマゾンで評価が良いので読んでみた。

タイムトラベラーもの。小生も技術者の端くれとして、自分の年譜を照らすように読み味わえた。

作者の死後20年ぐらいの世界を描いているが、まだマイクロプロセッサーも生まれていない時代にロボット(オートマトン)を実現させる筆力を感じた。

まったく色褪せていない。自分の生まれる5年前なんですよねー

技術ばりばりではなく、ヒューマンサスペンスの要素もあります。

とにかく楽観的なシナリオがほっこりさせてくれました。

猫好きにもウケが良いと思います。

なぜか小説には犬ではなくて猫なんだよね( ^ω^ )



サク