読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶樹の浅海人奇譚

to be or not to be anywhere to be that i will be … to be going to go on with the tortoise 'Saku' and my sincere companion , If justice is human love …

爬虫類ショップの年始セールへ


地球温暖化エルニーニョか、暖冬は寒がり屋の小生には不謹慎にも嬉しいのだ。

映画に地軸がずれて人類が全滅するようなものがあるが、日本の天候が少しだけ温暖な気候になれば爬虫類ペット、いや国内に野生化できる爬虫類が増えて嬉しい気もする。

まぁ、事はそこまで単純でなく、好まざるウィルスや害虫も増えるだろうが。

爬虫類ペットを飼ううえで、生体の価格以上に自然下の環境を整えることがコストがかかるわけで、また身近に生息していない生体を飼うことに喜びがあるわけです。

リクガメ飼いから始まった爬虫類好きですが、多くの種類に触れるたび新しい発見があり、原点のリクガメたちにも愛着がますばかりです。

アカアシのサクには、年明けて最初の大好物のグラブパイをあげました( ^ω^ )

テキサスラットのシラホが、脱皮完了し、マウスを食べてくれました。とても綺麗な純白になりましたよ( ^ω^ )


ヘビたちの餌のストックが減ってきたのと、フトアゴの爆食いでコオロギが無くなるのが早いので、補給にサムライジャパンレプタイルズさんに訪ねました。

目的のものを購入!


諭吉さんが飛びました。

生体をチェック! 

サムレプさん、年始セールであることを知り、ハイテンションに\(^o^)/

レオパは繁殖する楽しみがあるし、オスの仔を入手することは計画していました。

当初からソリッドアイが欲しいと思っていたので・・・

頂きました( ^ω^ )



ソリッドアイといえばエクリプス、そして綺麗なブラックです。

で、この仔はジャイアントでもあります。

ショップで仕入れた知恵で、エクリプスは劣性遺伝、ジャイアントは優性遺伝らしいです。

ということは、うちのパラディンムンクレと合わせても、一代ではエクリプスは拝めなさそうですが、ジャイアントにはなるみたいですね。

この仔、実はワケありでして、



米国からの輸送ストレスで弱っていて痩せ気味、やっと回復してきたので店頭に出たばかりでした。そして、指とびがあります。

しばらくは体調を万全にするために労ってあげようと思います。

命名は、魅惑のブラックソリッドアイから何かないか考えてたのですが浮かばず、仕草が偉そうなので墨蓮上人(ボクレン)としました。

なんとか、墨蓮上人の仔がほしい。

楽ばります( ^ω^ )


サク