読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶樹の浅海人奇譚

to be or not to be anywhere to be that i will be … to be going to go on with the tortoise 'Saku' and my sincere companion , If justice is human love …

爬虫類の天敵、それを扱う「猛禽屋」さんに行ってきましたよ

こんばんわ

昨日から少し肌寒さを感じて爬虫類ファミリーがちょっと心配なサクでございます。

今日、牛久市にある猛禽業界では知る人ぞ知る「猛禽屋」さんへ見学へ行ってまいりました。

看板がいかにも猛禽を扱ってるって感じ満点で最高です。







すご~い、個体数にびっくりです。

主人サクは昨年よりフクロウが欲しくて欲しくてぇ !

オーナーがレスリング道場行ってて不在でした。

目的のフクロウの種類はアカアシモリフクロウというアカアシが付くところから先に関心をもったのですが、ブロ友さんの影響もありました。

それがこれです。


イギリス便で入荷して生後2ヶ月のヒナです。

坊主とツーショット。緊張している面持ちが笑



で・・・今回は見送りました。
実は別なフクロウさんに惚れてしまいました!



いや、これはフクロウじゃない! 笑
これです。



いやいや、これもフクロウじゃない! 笑
この仔です。

クロオビヒナフクロウという名のフクロウです。
いやぁ~かわいい。

今のところ、お迎え候補第1位です。
もちろん、うちの爬虫類ファミリーとの棲み分けを明確にしないと難しいのですが。

鷹匠というだけあって、鷹や隼など沢山の猛禽さんがいました。
猛禽屋さん、しばらく通うことになります。






サク