読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶樹の浅海人奇譚

to be or not to be anywhere to be that i will be … to be going to go on with the tortoise 'Saku' and my sincere companion , If justice is human love …

ソニーも落ちぶれたもんだ

先日、ヘッドマウントディスプレイHMZ-T1を修理に出した。

左耳ヘッドセットのスポンジが破けてしまったのだ。

買って3ヶ月経っていない。手荒に扱ったわけでもない。でも、破けてしまった。

当然、無償期間で修理できるはずである。

修理に出したKs電器より、その修理見積もり?の回答があった。

Ks:「お客様は無償期間でありますが、修理部品が欠品しており、いつ修理可能かメーカー側(Sony)でもわかりません。あと・・」

小生:「それでも修理頂きたいのですが」

Ks:「無償期間なのですが・・・」

小生:「ん、有償なのですか?」

(5秒の沈黙)

Ks:「有償修理となります」

小生:「は! そんな、、で、いくらかかるのですか?」

Ks:「1万5千円となります」

小生:「え~、新品でも6万円弱の製品が、耳パッド交換するだけで、そんなに!」

Ks:「はい、左様でございますが、いかがいたしましょうか?」

(15秒の沈黙)

小生:「わかりました。修理キャンセルでお願いします。」

というわけで、まったくアホらしくなってSONYの製品サポート方針に憤りを覚えた。

お客様本位の対応はどこへいってしまったのか?

しばらくは、SONY製品なんて買ってやらん! 

品薄らしいが、それほどまでして買うべからず。

こんな腐った会社は、早く世界から淘汰されたほうがよい
! くソニーめ!