読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝶樹の浅海人奇譚

to be or not to be anywhere to be that i will be … to be going to go on with the tortoise 'Saku' and my sincere companion , If justice is human love …

ポシ、カラ、サラの通院

 きょうは見るに見かねてインドホシガメ達(ポシ、カラ)、そして犬のサラを連れて動物病院へ出向いた。前のブログで紹介したところ。
 ポシ(重症)、カラ(軽症)で、

ケア1
えさをほとんど食べてくれない。ひたすら寝ている。診察の結果、ポシはかなりの脱水症状のため後ろ両足に注射された。見ていてちょっと痛そう。人並みの注射だね。先生より1日2回の温浴を勧められた。また、スポーツ・ドリンク温浴を、ということで2Lのアクエリアスを買ってきた。処方箋はいつもの点鼻薬をいただいた。これでモコもみるみるうちに元気になったんだよね。少量ボトルだが朝夕2回利用して結構長持ち(1ヶ月間以上)する。

ケア5
 インドホシガメだと点鼻するタイミングが難しい。目覚めているときは強力な両手ガードで頭が完全に隠れてしまうので、寝ぼけているとき間髪入れずに点鼻するしかない。
 動物病院の様子も写真におさめてきた。

ケア2ケア3
きれいな院内でデジタルサイネージもある。獣医先生が4人もおられる。そのなかでカメ診てくれるのは副医院長の佐藤先生だけだ。来院時はHPで佐藤先生の出勤日をよく確認してください。とても温厚で若く明るい先生です。ドライブスルーもあるし、

ケア4
院外でも呼び出しベルを渡されて待つこともできる。先進的な動物病院だ。
 ところでヨーキーのサラだが化膿の炎症もおさまり失明ではあるが快方に向かっている。ひとまず安心。
 帰宅したらサクが出迎えて?くれた。

サクはまたみかん

 おいおい、みかんだけかよ~。湿度低いかなぁ~。